• 困っても困らないお金を借りるための常識
  • キャッシングやカードローンを利用する前に、知っておきたい最低限の情報やマナーなどを随時公開しています。
  • キャッシング 危険性は転職時に高い??

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    キャッシング 危険性は転職時に高い??

    転職時などにおけるキャッシングの危険行為

    転職時などにおけるキャッシングの危険行為について、キャッシングではその申し込み時に、必要書類に正確な記載を行うことが求められます。

    そのため、もし転職などをしたにもかかわらず前の勤務先を記載するなどしていると、当然ながら誤った判断を相手側にさせることになるため、場合によっては業者側に負担をかけてしまうことになります。


    また、その後返済ができなくなったとして債務整理と言って弁護士または司法書士に依頼をして、裁判所への申し立てにより借金の法的な整理を行った場合に、その申込書などを業者側は確認をして来ますから、その内容が誤りであったとしたら、当然ながら金を借りるためにウソを記載したとして、業者側から詐取だと言われる可能性もあります。


    また、借りてから1回も返済をしていない間に法的整理をしてしまうと、返す当てもないのに借りたのかということで、業者側からこちらも訴訟を起こされる可能性が高まります。

    返す当てをよく考えて借りることは当たり前ですが重要です。