• 困っても困らないお金を借りるための常識
  • キャッシングやカードローンを利用する前に、知っておきたい最低限の情報やマナーなどを随時公開しています。
  • 消費者金融 時効 範囲内

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    消費者金融 時効 範囲内

    消費者金融の時効とその範囲内での義務は?

    消費者金融の融資の時効としては一般的に最後に返済した時より5年と言われていますが、それまでの間に返済を行った場合はその支払いを行った時からまた時効期間が始まりますので、それまでの期間は無効になります。

    範囲内に返済をする事でどんどん期間がずれてきますので注意が必要です。


    そして消費者金融へ最後に返済を行った日から5年経ったとしても、自動的に成立する訳では有りませんのでその時期が来たら消費者金融に返済の意思が無い事を意思表示する事で初めて成立する事になりますが、会社によっては期間停止の手続きをしている消費者金融や、債務者が外国にいた期間があればその期間は入りませんので期間に対する注意も必要です。


    多くの債務者がこの2つの落とし穴に引っ掛かる事が多いので、その期間が経過したら一度弁護士に相談するなどして援用措置を行える状態に有るかどうか相談してから、弁護士を通して手続きを行った方が確実に債務が免除される可能性は高いでしょう。



    消費者金融で返済額が時効になることはあるのか??

    消費者金融でお金を借りてずっと返済せず、会社からの請求もない場合、時効が成立することがあるのでしょうか。

    返済をせずに10年が経てば時効になると言われているようですが、これは、確かなことではないようです。


    実際、返済が滞ってしまうと、どんな消費者金融でも督促状を出して返済を促したり、直接債務者の自宅や勤務先に足を運んで集金を行う会社も少なくはありません。

    そのため、10年もの間借りたままで返済しない、ということは不可能に近いのです。


    返済がどんどん遅れていき、支払わずにそのままにしていると、債務者は、ブラックリストに載ることもあるようです。

    ブラックリストに載ってしまうと、他の金融機関からも借り入れができなくなってしまいます。


    いろいろと不便なことが出てくるので、できるだけ返済が滞らないように、定期的に返済を続けたほうが良いですし、無理せず返済していくために、常に返済額は確認しておくようにしましょう。


    tokushu-01blue 債務整理考えませんか??


    借金問題を抱えて、首が回らない人。

    過去の体験談を参考にして、あなたも任意整理を検討してみませんか??続きはこちらで詳しく述べていますので、是非参考にして下さいね。